二次(マンガ原作)

ドラゴンボール ギニュー親子の物語

[2019年1月13日更新]

ドラゴンボール ギニュー親子の物語
作者:残月
掲載先
ハーメルン
原作
ドラゴンボール
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

女オリ主。

サイヤ人の女オリ主が、ギニューの義娘としてフリーザ軍で働く話。
サイヤ人でありながら戦闘力が低く、代わりに事務仕事や折衝に特化。
中間管理職としてフリーザ軍で無くてはならない存在になってゆく。
続きを読む

とある姉サイヤ人の日記

[2019年1月12日更新]

とある姉サイヤ人の日記
作者:丸焼きどらごん
掲載先
ハーメルン
原作
ドラゴンボール
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

完結済。
軽め。箸休めに。

ベジータの姉に転生した女主人公が、地球で悟空の義姉になって、生き残るために超能力の修行したりなんやかんやする話。
いろいろ原作ブレイクします。

続きを読む

ドラゴンボールZ 真・超サイヤ人

[2018年12月29日更新]

ドラゴンボールZ 真・超サイヤ人
作者:カンナム
掲載先
ハーメルン
原作
ドラゴンボール
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

完結済。
オリキャラ。

超サイヤ人のオリジナル形態「真・超サイヤ人」が登場します。
戦闘描写がしっかりしており、オリジナルのシリーズを読んでいるかのような気になります。
続きを読む

改造人間にされたくない

[2018年12月26日更新]

改造人間にされたくない
作者:鋼鉄
掲載先
Arcadia
原作
ネギま
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

憑依、勘違いもの。
周囲の人間だけでなく、主人公も勘違いしています。
最後まで勘違いさせたまま通しきった構成力は圧巻。
続きを読む

僕は麻帆良のぬらりひょん!

[2018年12月25日更新]

僕は麻帆良のぬらりひょん!
作者:Amber bird
掲載先
ハーメルン
原作
ネギま
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

完結済み。
憑依もの。

学園長に憑依したオリ主が、平穏な余生を送るべく、トラブルメーカーのネギを優しく冷遇しつつ学園長を辞任しようと試みる話。
設定の掘り下げと構成力が秀逸。
また、徐々に信頼を寄せてくるエヴァがひたすら可愛く尊い。
ネギま二次創作で一番好きな作品です。
続きを読む

それが答えだ!! 2nd season

[2018年12月24日更新]

それが答えだ!! 2nd season
作者:ウサギとくま
掲載先
Arcadia
原作
ネギま
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

ひたすらギャグ。オリ主転移もの。
前作の続き。
続きを読む

それが答えだ!

[2018年12月23日更新]

それが答えだ!
作者:ウサギとくま
掲載先
Arcadia
原作
ネギま
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

完結済。
ひたすらギャグ。オリ主転移もの。
箸休めとして楽しむと吉。
続きを読む

私の住む村がちょっとおかしい

[2018年12月18日更新]

私の住む村がちょっとおかしい
作者:ぴぴるぴる
掲載先
ハーメルン
原作
らんま1/2
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

珍しいらんま二次創作。
TS転生オリ主。
女傑族でシャンプーの幼馴染みです。

続きを読む

どうしてこうなった? 異伝編

[2018年12月17日更新]

どうしてこうなった?
作者:とんぱ
掲載先
ハーメルン
原作
Hunter×Hunter
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

TS転生主人公による無双もの。
前作主人公が、NARUTOやダイ大、BELACHの世界に転生します。
続きを読む

どうしてこうなった?

[2018年12月16日更新]

どうしてこうなった?
作者:とんぱ
掲載先
ハーメルン
原作
Hunter×Hunter
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称→三人称

ひとこと

完結済。
TS転生主人公による無双もの。
とはいえ、主人公が魅力的で戦闘描写もしっかりして説得力がある為、鼻に障りません。むしろ引き込まれます。
続きを読む