二次(小説原作)

本好きと香霖堂~本があるので下剋上しません~

[2019年11月29日更新]

本好きと香霖堂~本があるので下剋上しません~
作者:左道
掲載先
ハーメルン
原作
本好きの下克上、東方シリーズ
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

香霖が、本好きの下克上の世界と幻想郷をいったりきたりする話。

正確には、香霖堂が下克上世界にも出現するようになる、というもの。
本を置いてることに目を付けたマインが店員の座を狙ったり、香霖がマジックアイテムを作ったり売ったりしてSUGEEEE!されたり。

なにより、本に囲まれ魔力の問題が解決されたマインの行動・人生が完全に原作崩壊する展開が面白いです。
続きを読む

寝取れペニス

[2019年10月28日更新]28

寝取れペニス
作者:蚕豆かいこ
掲載先
ハーメルン
原作
走れメロス
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

短編。
『走れメロス』の一発ネタ。

エロマンガに詳しいとクスッとできる作品です。

続きを読む

このすば*Elona

[2019年10月21日更新]

このすば*Elona
作者:hasebe
掲載先
ハーメルン
原作
この素晴らしい世界に祝福を!、elona
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
二人称

ひとこと

elonaの廃人冒険者がこのすば世界に転移して、頭のおかしい冒険者として生活する話。
ノースティリスの廃人らしい倫理観と性能を、elonaらしい二人称の文章がコミカルに語ってくれます(おかげで頭の中に常にBGMが再生されます)。
このすばらしいコミカルさと、elonaらしい頭のおかしさが融合した傑作。

ヒロインはウィズ。
収集癖がある主人公のおかげで黒字経営になりますが、やはりカズマ一行のせいで……。
徐々に主人公に気を許していく様、気を許してからの描写は無茶苦茶可愛い。
カズマやゆんゆんなど、原作勢も生き生きと描かれています。
elonaらしさとこのすばらしさが出ている、原作愛の伝わる作品です。

両作の原作知識が多少必要かもしれません。

続きを読む

IS 亡国機業殲滅ルートRTA 男子チャート

[2019年10月14日更新]

IS 亡国機業殲滅ルートRTA 男子チャート
作者:sugar 9
掲載先
ハーメルン
原作
IS
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称・三人称

ひとこと

完結。
RTAもの。

架空のISゲームでRTAする話。
VRか、あるいは転生してゲーム内キャラとして遊ぶ超未来のゲームっぽい感じです。

プレイヤーがRTAチャートを語るコミカルなストーリーと、悲壮感たっぷりの登場人物視点のストーリーのギャップが笑えます。

続きを読む

地球人最強の男、オラリオにて農夫となる

[2019年9月6日更新]

地球人最強の男、オラリオにて農夫となる
作者:水戸のオッサン
掲載先
ハーメルン
原作
ダンまち
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

クリリンがダンまち世界で強者ムーヴする話。

といっても、決してオラついたりせず、おとなしく野良仕事したり力に驕ったりしないあたり、色んな経験を積んだ「大人」という感じがして好感が持てます。
また、描写がしっかりしていて雰囲気が出ているので、読んで楽しい文章となっています。

続きを読む

ダンジョンに飯を求めるのは、間違っているだろうか?

[2019年8月30日更新]

ダンジョンに飯を求めるのは、間違っているだろうか?
作者:珍明
掲載先
ハーメルン
原作
ダンまち、ダンジョン飯
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

クロスオーバー。

舞台はダンまち世界。
ダンまち世界で生まれ育ったライオスが、魔物を食べるために、オラリオで冒険者をするという話。
ベルとパーティーを組んでダンジョンアタックしてます。
また、ダンジョン飯の他のキャラも、冒険者として登場。

明確な目的やストーリーが無いので、ダンジョン飯のキャラと雰囲気を楽しむと良いかも。
箸休めに。
続きを読む

もょもとがダンジョンにいるのは間違っているだろうか【DQ2×ダンまち】

[2019年8月17日更新]

もょもとがダンジョンにいるのは間違っているだろうか【DQ2×ダンまち】
作者:こうこうろ
掲載先
ハーメルン
原作
ダンまち、DQ2
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

クロスオーバー。
生身の剣術一本で邪神を屠った化け物として有名な(というマンガ設定の)DQ2のロランが、ダンまち世界にやってくるという話。
続きを読む

剣がすべてを斬り裂くのは間違っているだろうか

[2019年8月15日更新]

剣がすべてを斬り裂くのは間違っているだろうか
作者:(作者名)
掲載先
ハーメルン
原作
ダンまち
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

オリ主もの。
剣キチなオリ主が、最強の剣士を目指す話。

チートはありません。人の執念がつくりあげた妖刀と、人の執念が磨き上げた技術でもって、人の枠を超えた領域に至るのが胸熱。
続きを読む

鈴木悟がダンジョンにいるのは間違っているだろうか

[2019年8月11日更新]

鈴木悟がダンジョンにいるのは間違っているだろうか
作者:ピュアウォーター
掲載先
ハーメルン
原作
ダンまち、オーバーロード
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

クロスオーバー。
モモンガが原作開始時点で、オバロ世界ではなくダンまち世界に転移する話。

生身の「鈴木悟」としてダンまち世界にやってくるが、ユグドラシルの能力を使う際はモモンガの姿になり、カルマ-200の残虐性もしっかり発揮。

生き生きしたキャラの描写や、ユグドラシルの設定と絡めた展開が楽しい作品。
続きを読む

選択肢に抗えない

[2019年7月19日更新]

選択肢に抗えない
作者:さいしん
掲載先
ハーメルン
原作
IS
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

むちゃくちゃな選択肢と、むちゃくちゃな選択肢との二択を迫られるオリ主が、箒や鈴音にセクハラしたり強制的かつ一方的にフラれたりしつつ、なんのかんので一部にモテたりする話。

一夏が「一緒にバカする親友」ポジにおり、二人の愉快でオバカな掛け合いが、明るく楽しい。
常に爆笑しながら楽しめる作品です。
選択肢に振り回される主人公の、ハチャメチャな言動。それに適応した周りの反応。
一人称の愉快な地の文。
是非ニヤニヤしながら一読してください。
続きを読む