ハリー・ポッターと野望の少女

[2019年4月12日更新]

ハリー・ポッターと野望の少女
作者:ウルトラ長男
掲載先
ハーメルン
原作
ハリーポッター
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称・三人称

ひとこと

完結済。
女オリ主。
ハーメルンの累計2位。つまり、言わずと知れた名作。

邪悪に生まれついたオリ主が、圧倒的な才覚と冷酷な計算でもってホグワーツ勢を騙し、ヴォルデモートをめっためたに打ち負かし、世界を征服する話。
第一話のあとがき(後述)によれば「ちょっと三下感を醸し出す悪役少女を目指しました」とのことですが、とんでもない! 最終的に、悪の帝王もまっさおな巨悪になってしまいます。

続きを読む

迷宮恋姫

[2019年4月5日更新]

迷宮恋姫
作者:えいぼん
掲載先
Arcadia
原作
恋姫†無双
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

完結済。
恋姫二次の皮をかぶった迷宮探索もの。

とのことですが、言い換えれば、なじみのある恋姫キャラでオリジナリティのある迷宮探索ものが読める良作。
続きを読む

<文章表現>夏目漱石の『三四郎』予告 より

[2019年4月2日更新]

『三四郎』予告
作者:夏目漱石
出版日等 1908(明治41年)
カテゴリ 小説の予告

 田舎の高等学校を卒業して東京の大学に這入つた三四郎が新しい空気に触れる、【中略】あとは人間が勝手に泳いで、自ら波瀾が出来るだらうと思ふ、さうかうしてゐるうちに読者も作者も此空気にかぶれて是等の人間を知る様になる事と信ずる

続きを読む

[青空文庫]「ああしんど」

[2019年4月1日更新]

「ああしんど」
作者:池田蕉園
掲載先
青空文庫
人 称
一人称

ひとこと

化け猫の話。
炬燵の上で寝ていた猫が「ああしんど」と言った、という話。
『遠野物語』が好きな人は是非。

<文章表現>池田蕉園の「ああしんど」より

[2019年3月31日更新]

「ああしんど」
作者:池田蕉園
出版日等 1911(明治44)
カテゴリ 言葉遣い

 よっぽど古いお話なんで御座いますよ。私の祖父の子供の時分に居りました、「三」という猫なんで御座います。三毛だったんで御座いますって。

(中略)
続きを読む

[オリジナル]謙虚、堅実をモットーに生きております!

[2018年3月29日更新]

謙虚、堅実をモットーに生きております!
作者:ひよこのケーキ
掲載先
小説家になろう
ジャンル
ゲーム世界転移、女主
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

転生女主。
乙女ゲーの世界に悪役令嬢転生したオリ主が、悪役令嬢せずに原作主人公ちゃんと仲良くしたりダイエットしたりする話。

悪役令嬢転生ものの火付け役となった作品。
逆ハーレム展開も恋愛脳な展開もなく、王子様キャラのせいでいじめられている原作主人公をこっそり助けて仲良くなったり、王子様キャラの恋愛相談に振り回されたりと、主人公の人の良さが魅力。
人が良くってポンコツな主人公が可愛い。
続きを読む

ドラえもんのいないドラえもん ~超劇場版大戦 地球は何回危機に遭う~

[2019年3月25日更新]

ドラえもんのいないドラえもん ~超劇場版大戦 地球は何回危機に遭う~
作者:ルルイ
掲載先
ハーメルン
原作
ドラえもん
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称&三人称

ひとこと

完結済。
転生オリ主もの。

なぜか四次元ポケットを持っていたオリ主が、ドラえもんやのび太のいない「ドラえもん」世界で、秘密道具を駆使して劇場版のヤベーやつらから地球を守る話。
続きを読む

【コラム】夏目漱石の小説論

[2019年3月23日更新]

どういう小説を書くべきか。小説とはどうあるべきか。
そんな小説論を問えば、十人十色の答えが返ってきます。
今回は夏目漱石の小説論をご紹介します。

続きを読む

[オリジナル]その無限の先へ

[2019年3月22日更新]

その無限の先へ
作者:二ツ樹五輪(*´∀`*)
掲載先
小説家になろう
ジャンル
迷宮探索
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

異世界に転生した主人公が、死に戻りを前提としたあまりに過酷な迷宮へと挑む話。

圧倒的なオリジナルティと、勢いと「熱」のある戦闘描写、どんどん加速度的にスケールアップしていく敵の強さや展開に脳汁が止まらなくなる傑作。
文章も、日常パートは軽快で楽しく、戦闘ポートは盛り上げるところはしっかり盛り上げる熱い描写で、絶え間なく読者を楽しませてくれます。

続きを読む

暁物語

[2019年3月18日更新]

【習作】暁物語(元ネタ:源氏物語)
作者:紫敷布
掲載先
Arcadia
原作
源氏物語
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

転生憑依もの。
源氏物語の光源氏に転生する話。

さわりの部分でエタってしまっていますが、発想が面白い。
中の人が神霊を信じていない現代人なので、そうした奇跡が実在する(という設定の)平安時代の人間との感性の違いだとかが描写されているのが楽しい。
是非続きが読みたい作品です。
続きを読む