[オリジナル]その無限の先へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年3月22日更新]

その無限の先へ
作者:二ツ樹五輪(*´∀`*)
掲載先
小説家になろう
ジャンル
迷宮探索
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

異世界に転生した主人公が、死に戻りを前提としたあまりに過酷な迷宮へと挑む話。

圧倒的なオリジナルティと、勢いと「熱」のある戦闘描写、どんどん加速度的にスケールアップしていく敵の強さや展開に脳汁が止まらなくなる傑作。
文章も、日常パートは軽快で楽しく、戦闘ポートは盛り上げるところはしっかり盛り上げる熱い描写で、絶え間なく読者を楽しませてくれます。

あらすじ(掲載元より引用)

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。
前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。
現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も将来への希望さえもなく、ただ生きる為の糧を求め奴隷同然の日々を過ごす。
日本の記憶も全て幻だったのではないかと諦めたその時、ある街の噂話を耳にした。
そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。
そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。

大体コメディです。(*´∀`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*