ノット・アクターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年7月26日更新]

ノット・アクターズ
作者:ルシエド
掲載先
ハーメルン
原作
アクタージュ
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
一人称

ひとこと

完結済み。
オリ主。原作開始前からスタート。

映画やドラマ、特撮の撮影を裏で支える「美術」スタッフの天才が主人公。
原作のストーリーやキャラをこれでもかと掘り下げる作品でありながら、オリ主のオリジナルの活躍を楽しむ作品でもあるという、「二次創作のお手本」とでもいうべき作品です。
ヒロインの可愛さも、原作以上に引き出しています。
むしろ、この作品から原作に入ったら、原作が物足りなく感じたり。

今まで読んできた二次創作のなかでNo.1の面白さを誇る、オススメの作品です。

原作ではあまり描写されなかったシーンや、その裏側をしっかり描き。
原作キャラ一人ひとりを掘り下げて、魅力を何倍にも引き出し。
魅力的なオリ主と、オリ主ならではの活躍の場を用意して。

また、美術スタッフの仕事に関する知識がものすごい。
百冊を超える参考文献を背景に、実際の特撮や映画の造形にかんする知識・ネタをちりばめ、描写にリアリティと説得力を与えています。

主人公も魅力的ですし、原作キャラとの関りも、心理描写がしっかりしていて読んでいて楽しい。

職人としての自分の成長。
仕事仲間に対する、職人/友人としての交流。
その狭間で、職人としての自分の在り方、人としての自分の在り方を見つめ、成長していくというストーリーです。

あらすじ(掲載元より引用)

大多数のファンは、好きな番組の名前だけを覚える。
 熱中したファンは、好きな番組の俳優の名前を覚える。
 濃いファンは、監督・脚本・プロデューサーの名前を覚える。
 少し外れたファンは、服のデザイナーや、BGMを作った人の名前を覚える。

 でもでも、そこで一つの問題。
 番組に出た小道具や、映画に登場した衣装。
 それらを作る人達は、名前が出ることすらもない。
 インタビューで記事に載るのは、いつだって映画を作った主役達。

 作品を作る要。
 けれど、作者に非ず。
 演劇の舞台になくてはならない存在。
 けれど、演者に非ず。
 彼らがいなければ何も表現することはできない。
 けれど、表現者に非ず。
 小道具、大道具、舞台作り、衣装作成。

 その者達、演者に非ずノット・アクターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*