阿礼狂いに生まれた少年のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年8月13日更新]

阿礼狂いに生まれた少年のお話
作者:右に倣え
掲載先
ハーメルン
原作
東方
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

完結済。
オリ主。原作前スタート。

阿礼を慕いすべてを捧げるキチガイ一族の鬼才が主人公。
阿七から阿求まで三代にわたって「阿礼」の側仕えの権利を実力で勝ち取り、「阿礼」を守るべくどんどん強くなっていく話。

濃厚な戦闘描写のみならず、妖怪と数十年の時間をかけて関係を育んでいく様子や、阿七、阿弥、阿求とそれぞれ別の形で「家族」になったりと、人間関係も楽しい。
どこをとっても楽しい要素しかないという傑作。

あらすじ(掲載元より引用)

御阿礼の子――幻想郷縁起の編纂を義務付けられた一族であり、代々転生を繰り返し記憶を継承する。

編纂のために出歩く彼女らに付き従い、護るものたちがいた。

御阿礼の子のためなら喜んで死地に赴き、自害することも厭わない守護の一族。

彼らは――阿礼狂いの一族と呼ばれていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*