東方永夜緩居 シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2018年12月30日更新]

東方永夜緩居シリーズ
作者:懲りない男
掲載先
ゆっくり虐め専用Wiki
原作
東方(ゆ虐)
オススメ傾向
ツボに嵌れば・オススメ・必読
文 章
ジャンク・軽快・しっかり・重厚
人 称
三人称

ひとこと

完結済。
ゆ虐ですので、苦手な方はスルーしてください。

いつしか「ゆっくり」の間で囁かれるようになった、究極のゆっくりプレイス「永夜緩居」。
数々の困難を乗り越えて、ついには永夜緩居にたどり着くゆっくり達。
だがそこは、怨念満ちあふれるおそるべき悪意の沼だった。

「ゆっくり」という小さく無力な生き物の視点から、森という世界の過酷さを描いた作品。
独特の世界観をシビアにかつリアルに描いた傑作。

同シリーズでは閑話の[ゆっくり] 、上説明文に当たる[胎動]、より緊張感ある冒険譚を描いた[三匹のゲス]が特におすすめ。

あらすじ(掲載元より引用)

ある時から、ゆっくりの間でこんな噂が広まった。
『魔法の森の奥深くに
 おいしい花が美しく咲き乱れ
 太陽は燦燦と降り注ぎ
 小川はその光を照り返してやさしくせせらぐ
 緑に溢れ夜もやさしい空気が安らかな眠りに誘う
 そこには争う者はおらず誰であろうともゆっくりできる
 そんなゆっくりプレイスがあるという
 その場所の名は
 何度夜が来てもずっとゆっくりしていられる
 という意味を込めて
 永夜緩居(えいやゆるい)
 と呼ばれていた』

この物語は永夜緩居を目指したゆっくり達の物語である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*