<文章表現>池田蕉園の「ああしんど」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年3月31日更新]

「ああしんど」
作者:池田蕉園
出版日等 1911(明治44)
カテゴリ 言葉遣い

 よっぽど古いお話なんで御座いますよ。私の祖父の子供の時分に居りました、「三」という猫なんで御座います。三毛だったんで御座いますって。

(中略)

 随分永く――家に十八年も居たんで御座いますよ。大きくなっておりましたそうです。もう、耳なんか、厚ぼったく、五分ぐらいになっていたそうで御座いますよ。もう年を老ってしまっておりましたから、まるで御隠居様のようになっていたんで御座いましょうね。
 冬、炬燵の上にまあるくなって、寐ていたんで御座いますって。
 そして、伸をしまして、にゅっと高くなって、
「ああしんど」と言ったんだそうで御座いますよ。

ひとこと

いちいち古臭い表現に萌えます。
「よっぽど古いお話」に見られる「よっぽど」の使い方が、いかにも古い人って感じで可愛いですよね。

また、「まるで御隠居様のようになっていた」と言われても、いまひとつ想像しずらいです。時代の違いを感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*