<文章表現>森見登美彦の『四畳半神話大系』より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[2019年5月16日更新]


四畳半神話大系
作者:森見登美彦
出版日等 2005年1月5日
カテゴリ 大学青春コメディ

 大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。異性との健全な交際、学問への精進、肉体の鍛錬など、社会的有為の人材となるための布石の数々をことごとくはずし、異性からの孤立、学問の放棄、肉体の衰弱化などの打たんでも良い布石を狙い澄まして打ちまくってきたのは、なにゆえであるか。
 責任者に問いただす必要がある。責任者はどこか。

 私とて誕生以来こんな有様だったわけではない。
 生後間もない頃の私は純粋無垢の権化であり、光源氏の赤子時代もかくやと思われる愛らしさ、邪念のかけらもないその笑顔は郷里の山野を愛の光で満たしたと言われる。それが今はどうであろう。鏡を眺めるたびに怒りに駆られる。なにゆえおまえはそんなことになってしまったのだ。これが現時点におけるおまえの総決算だというのか。
 まだ若いのだからと言う人もあろう。人間はいくらでも変わることができると。

 そんな馬鹿なことがあるものか。
 三つ子の魂百までと言うのに、当年とって二十と一つ、やがてこの世に生をうけて四半世紀になんなんとする立派な青年が、いまさら己の人格を変貌させようとむくつけき努力を重ねたところで何となろう。すでにこちこちになって虚空に屹立している人格を無理にねじ曲げようとすれば、ぽっきり折れるのが関の山だ。
 今ここにある己を引きずって、生涯をまっとうせねばならぬ。その事実に目をつぶってはならぬ。
 私は断固として目をつぶらぬ所存である。
 でも、いささか、見るに堪えない。

ひとこと

 ウィットに富んだ一人称の語りが面白いです。
 こういうの書けたらすごいなぁとは思うのですが、絶対自分は向いてないので、まったく参考にならないという……。
 標記作品の冒頭部です。冒頭部だけあって、非常に面白いですね。この作品のすごいところは、終始こんな力の入った文章が続くところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*