夏目漱石

<文章表現>夏目漱石の『三四郎』予告 より

[2019年4月2日更新]

『三四郎』予告
作者:夏目漱石
出版日等 1908(明治41年)
カテゴリ 小説の予告

 田舎の高等学校を卒業して東京の大学に這入つた三四郎が新しい空気に触れる、【中略】あとは人間が勝手に泳いで、自ら波瀾が出来るだらうと思ふ、さうかうしてゐるうちに読者も作者も此空気にかぶれて是等の人間を知る様になる事と信ずる

続きを読む

【コラム】夏目漱石の小説論

[2019年3月23日更新]

どういう小説を書くべきか。小説とはどうあるべきか。
そんな小説論を問えば、十人十色の答えが返ってきます。
今回は夏目漱石の小説論をご紹介します。

続きを読む

【コラム】夏目漱石の風景描写論

[2019年3月16日更新]

描写をどうするか。
ということについては、十人十色の回答があると思います。
枝葉末節はともかく、根幹にあたる意見は、おそらく皆同じだと思います。
ここでは、風景描写に関する夏目漱石の主張を例に挙げてみます。

続きを読む