< 文章表現>舞城王太郎の『パッキャラ魔道』より
[2019年8月1日更新]

パッキャラ魔道
作者:舞城王太郎
出版日等 2004年
カテゴリ 現代もの&家族もの?

 出だしの勢いだけは一級品の舞城王太郎。
 なかでも本作『パッキャラ魔道』は、出だしの勢いと情景の迫力が抜群の、舞城王太郎らしさが凝縮された作品です。
 一文が非常識に長く、けれども口語体でリズムよく書き連ねているので、すらすら読み進めることができる不思議。

 八月二十日は日曜日で僕らは渋滞を避けるために朝の五時に起きてワゴンに乗り込んで甲州街道から中央道に乗って千葉へと向かおうと調布のインターをくぐって五分、六時十五分、高井戸の手前にやってきた僕たち四人(五人)の二十メートル前で、僕らのスバル・ドミンゴと同じく気分良さそうにすいすい走ってた白いカローラが何気なくくるっと一回転してからひっくり返った。後部座席からフトントガラスの向こうのまだ遠くの新宿高層ビル街を眺めていた僕も何してたんだか知らない直規もハンドルを握る父親も助手席の母も「あ」とひとこと言ってから、その意味不明の曲芸を始めたカローラが縦にぐるぐる大回転を始めて、でも鼻とおしりのバンパーを軽く地面にこするだけでほとんど宙に浮きながらぐるぐる、スピードを落とさずにまっすぐそのまま新宿方向に走っているのが優雅で静かなものだから、僕ら四人はなんとなく派手な運転はじめた奴がいるなあって気分で鑑賞してしまった。

続きを読む